名古屋から日帰りスキーツアーに行きたいならどこがいい?


長野県などのスキー場まで意外と近い

名古屋は長野・新潟・群馬あたりの人気スキー場からそんなに近い場所に位置する都市ではありません。しかし、長野県南部のスキー場に関しては高速道路で直通の状態で、IC付近にスキー場がある場合は、泊りがけではなく日帰りでも長時間スキーを楽しめます。

スキーに行くならバスツアーが一番

スキーを一日中楽しんだ場合、ストックを常に握っている事で、夕方には相当手が疲れてしまう傾向です。そんな中、帰りに車の運転をするのは大変ですし、事故を起こしてしまう危険性もあります。名古屋から長野県南部のスキー場に行く場合は車で向かうのが基本になりますが、帰りの運転の大変さを考慮すると、バスツアーに参加する形のほうがベターといえます。スキーツアーに参加する形であれば自家用車で行くより圧倒的に交通費が安く済みます。

園原ICそばのスキー場は約60分で着く

中央自動車道の園原IC付近のそばには、夏季に天体観測をしに来る人がいる事でも有名なスキー場があります。長野と愛知の県境付近に位置するこちらのスキー場は名古屋から高速道路で約60分で到着しますので、名古屋からバススキーツアーに行く場合は一番おすすめといえます。こちらでしたら夕方に現地を出発して19時前後には名古屋に帰って来られますので、次の日が仕事でも夜は自宅でゆっくり体を休める事が出来ます。

駒ヶ根IC付近のスキー場

園原ICの約50km北に位置する駒ヶ根ICのそばにも、中央アルプス連峰斜面に作られたスキー場があります。こちらは名古屋から1時間では着きませんが、2時間で駒ヶ根ICに着き、ICからは3分のため名古屋からの日帰りスキーの行き先として人気です。なお、東側の南アルプス連峰を見渡しながら滑走できるのが大きな魅力です。

スキーツアーは、夜行バスや飛行機、新幹線など様々な交通手段が選択でき、個人旅行と比べてリーズナブルな価格で参加できるものもたくさんあります。