使うほど分かってくる…電動工具の仕組みや使い方!


使い方に慣れていこう

日曜大工は好きだけど電動工具はまだ使ったことがない…という方も多いのではないでしょうか。ハンド工具でのDIYの楽しさというものを勿論ありますが、電動工具を使うと時間が短縮できますし、何よりその仕上がりが素人の域を超えます。電動工具は怪我をしそうで怖いというイメージがあるかもしれませんが、正しい使い方を知れば、安全に使用することができます。ビス打ちやネジ締めに使うドリルドライバーから慣れていくと、電動工具の安全性も分かってくるはずです。

単純な仕組みでできている

ドリルドライバーは、電動工具を使ってみたいと思う人にとっても使いやすい工具です。デザイン的にカッコ良いと感じる人も多いと思いますが、その仕組みや構造はいたって単純なものです。充電式バッテリーを搭載してるものがほとんどで、モーター軸の回転数をコントロールしながら、ネジを閉めたり穴を開けたりすることができます。安価なモデルでもトルク調節は可能なので、安全性も高い点がおすすめです。

電動工具の共通点はどこ?

電動工具の共通点はモーター軸にあります。ノコギリ刃やドライバービットは、モーターとその軸の回転に合わせて動いています。電動丸ノコやルーターやトリマーやインパクトドライバーといった電動工具は皆同じ仕組みです。理論や説明を聞くよりも、実際に使ってみた方が電動工具の仕組みについて理解できると思います。構造を知ることで使用時に注意するポイントも覚えられるし、不具合が生じた時にもどこを調節すればいいのかということも知ることができるでしょう。

電動工具の買取では、インパクトドライバや、釘打ちや、発電機などの機器の中古、新品工具を買い取っています。