忘れていませんか!?スノボツアーで持っていくべきもの


多彩な機能のインナーグローブ

スノボツアーに行くからにはグローブを持って行くのは当たり前、という人も多いかもしれません。グローブと言っても手を温めるための機能だけでなく、装着したまま携帯電話を操作できるグローブも販売されているのです。スノボ中に友人とはぐれてしまった、というような場合にスマートフォンなどで連絡を取ることができるため人気です。かじかんだ震える手で誤った内容のメールを送ってしまった、という事態を防げるかもしれません。

紫外線から肌や目を守るためのグッズ

スノボをしていて、夏の暑い日よりも日焼けしてしまったという人は多くいます。雪で反射された光は人の目や肌に悪い影響を与えます。例えば、反射した太陽光を目に受け続けることによって雪盲という、目の炎症を引き起こす可能性があるのです。このような被害を防止するためにも、日焼け止めやゴーグルなどを持参し快適にスノボを楽しむようにしましょう。仮に日焼け止めを忘れてしまった場合には、ゲレンデ付近の売店で購入するか一緒に行く友人に借りるのも良いです。

体を休めるための衛生用品

スノボは体力を使い、場合によっては切り傷などを負ってしまうスポーツです。そのため、疲れや傷を明日に残さないためにも湿布や絆創膏などが必要です。また、雪上は乾燥しやすい環境でもあるため、マスクやリップクリームを持っていけば安心してスノボに集中できます。

小腹を満たすためのもの

スノボを楽しんでいて、コースを外れてしまい案内の無いようなところに迷い込んでしまった、ということが起きる可能性も全くないとは言い切れません。そのため、何が起きてもいいように、チョコレートなどのお菓子を持って行くと小腹を満たすことができます。

スノボツアーは、個人でスキー場に行く場合と比べて往復の交通費が大幅に抑えられる事が人気の秘訣となっています。